コンテンツ本文へスキップ
プリローダーイメージ
スマートフォンサイトはこちら

会社案内

お客様からの様々なご要望にお応えする力、それが私たちの夢であり喜びです。

コンテンツタイトル下地

新星機工株式会社について

社長メッセージ 創業40周年を迎えて

弊社は2016年の11月25日で、創業40周年を迎えました。創業以来、自動車やオートバイ試作開発部品やレース用車両主要部品を製作してまいりました。

いずれも高品質、短納期そして高い技術力が求められますが、お陰様でお客様からご評価もいただき、ご愛願いただいております。

これも日頃からのお客様、協力企業の皆様、社員の皆様、関係者の皆様のご支援あってのことです。ここに深く感謝申し上げます。

新星機工のシンボルマーク

新星機工のシンボルマーク

新星機工のシンボルマークには “夢を大切に”、の意味が込められています。
私たち新星機工で働くものにとって、「創業者」から受け継いだ「星型シンボルマーク」は、日々の営業業務や生産業務に息づいています。

「未来」 市場・技術・人材の未来に向けて挑戦する
「技術」 環境変化に対応可能な先進技術開発
「信頼」 QCD際立ちと機密保持でお客様からの厚い信頼
「発展」 産業界、社会への発展成長貢献
「健康」 社員の健康、会社の健康を大切にする

40年間の供給実績と技術力の積み上げ

当社の40年の供給実績は、お客様の二輪・四輪の主要部品やレース部品で鍛えられた実績でもあります。世界最高峰のレースでは、1/1000秒を争います。
同時に、レーサー・ライダーの安全を確保する高信頼、高精度な部品の保証が求められます。
年間数千点の部品のひとつひとつを品質保証する作業は、私たちのやりがいになっています。
現場の技能、最適な設備技術・加工条件、正しい測定技術があってこそ、お客様の信頼がいただけるのです。
これからも様々な加工の限界に挑戦してまいります。

会社概要

商号
新星機工株式会社
設立年月日
昭和51年11月25日
資本金
1000万円
連絡先
TEL.049-258-6160
FAX.049-258-7689
所在地
〒354-0045 埼玉県入間郡三芳町上富2036-1
Google Maps はこちら
代表者
代表取締役社長  代表取締役
社員数
30名
主要取引先
二輪・四輪の開発部品関連
(株)本田技術研究所・二輪R&Dセンター
(株)本田技術研究所・四輪R&Dセンター
(株)本田技術研究所・汎用R&Dセンター
(株)ホンダレーシング
(株)アツミテック
(株)ショーワ
大同工業(株)
ボルグワーナーモールスティックジャパン(株)
武蔵精密工業(株)
柳河精機(株)
(株)山田製作所
製造装置・設備の重要機能部品関連
三和シヤッター工業(株)はじめ電子部品メーカー
化学材料メーカー
取引銀行
みずほ銀行(川越支店)
武蔵野銀行(大井支店)
事業内容
二輪、四輪自動車の開発部品及びレース部品加工、製造装置設備の重要機能部品加工

組織図

新星機工:組織図

所在地情報

お車でお越しの場合

  • 関越自動車道(下り) 所沢インター下車 20分
  • 関越自動車道(上り) 三芳PAスマートIC下車 10分

電車でお越しの場合

  • 東武東上線 ふじみ野駅下車 タクシー利用で15分
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る